PROFILE

辻 凡人(ツジボンド)
PART : Drums
BIRTHDAY : 1979.2.25
BLOD TYPE : B
ORIGIN : 大阪府

bonobos PROFILE

  • ボノボオフィシャルブログ
  • 森本夏子

LINK

LIVE INFOMATION


  • ツアーファイナル@赤坂BLITZ
  • RELEASE INFO

    オリハルコン日和

    NEW ALBUM
    「オリハルコン日和」
    2009.04.15リリース


    品番:PCD-26027
    価格:¥2,730(税込)

    この作品を購入する


    <   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

    中国旅行記その3

    Shleeps目下音源制作中!!
    今年の夏にはなにか出したいぞ!!
    そろそろ形が出来上がって来たのでまた報告しますね。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    先日は浜松酒造天神蔵に
    お越しいただきありがとうございます。
    ね!凄いサプライズでしたでしょ!?
    あー楽しかったな。また人を(メンバーを)
    驚かせたいしゅうです。
    写真は後日UP致しますねい。
    フォーチュンフォーチュン!

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    さて北京に泊まって3日目です。
    この日は朝から目指せ万里の長城。
    北京北駅から1時間くらいの
    場所にあります。
    駅に着いてお腹空いてたので
    キヨスクで食料を買い込み
    車両に乗り込みます。
    グリーン席でもたしか500円くらいだったな。
    ずんずんと街を離れ、窓の景色には
    レンガやボロボロコンクリートの建物が増え、
    そしてそれも消え、山の中に突入致しました。

    ぼんやりしてると
    なんかそれらしい駅を通過。
    あれ?って思ってると次の(かなり田舎の)駅で
    止まり、車両がバックしだした。
    あれ?あれ?とみまわしたら
    同じ車両にいた日本人観光客と目が合う。
    彼女らも困惑した様子。
    アナウンスが少ないから結構ビビります。
    だって1日に6本しかない特急だから
    ヘタ打てないよね〜。

    ビュッフェでご飯を食べながら
    のんびり話している制服を着たおねいさんに
    聞いてみたら「次だよ」の合図。

    着いて降りたら割と田舎の駅。
    ようやく街を離れられたね。

    でも少し歩いたら
    見えてくる人・人・人。
    月曜日でも万里は万人に愛されておりました。
    こんな感じです。

    e0143271_320258.jpg
    e0143271_32096.jpg
    e0143271_3202165.jpg

    人は多かったけど、とても中国"らしい"景色にホレボレ。
    これが約9000kmもあるのか・・・。さすが中国だな・・・。
    八達嶺(はったつれい)長城まで昇ると
    お店やトイレ、土産物屋などいろいろ。
    そして何やら怪しいジェットコースターが・・・。
    という訳で乗ってみました。

    e0143271_3255852.jpg

    どうやら重力に従って降りていくだけもの。
    着いた先は「熊楽園」というテーマ?パーク。
    知ってたら乗らなかったな・・・。
    こんな風に・・・

    e0143271_3285425.jpg

    だらだらしたクマを見ました(笑)
    中国だからなのか「熊」の字に
    意味を感じてなかったのですが
    熊がほんとに(しかもたくさん)いたから驚いた。
    土産物屋さんもたくさんあって、
    万里の長城トレーナーとか売ってました。
    見てたら案の定しつこく声をかけられたな(笑)

    ラクダに乗って記念撮影〜なんてのも

    e0143271_3322193.jpg

    まあ何でもありでした。
    でいったん出ちゃうと万里には入れない仕組みだったので
    諦めて駅に戻ることに・・・。出口にはタクシーの勧誘が。
    「ここから駅まで幾らくらいですか?」
    「100元」
    「高い!やすくして」
    「無理です」
    「じゃあ歩きます。駅までどのくらい?」
    「うーん10kmくらい」
    エ〜〜〜そんな訳ないでしょ〜〜〜。
    と思い、誘いを振り切って
    歩いてみましたがせいぜい1kmだったな・・・。

    出口について、電車の時間まで1時間あるということで
    思いきってタクシーかバスで街まで戻ることに。
    バス停付近で観光本を呼んでいると、
    また別のタクシー運転手。
    「バスだと時間か軽し狭いよ!タクシーにしな!」
    と運転手。もうコリゴリだと思い
    断っても、断っても、しつこい勧誘。
    だから本も読めない。
    あ〜ほんとにひどいねえ。
    仕方ないから大きな声を出したら
    離れていきましたが
    そこまでしたくなかったなあ・・・。

    来たバスにとりあえず乗り込んだら満員でした。
    一番後ろでの4席分を広く使っている
    浅黒い夫婦を発見したので詰めてもらい、
    なんとか座ることが出来ました。

    旦那(45歳くらい?)が僕に興味津々。
    ずーっとニコニコとこっちを見てます。
    流れ的に気持ちがピリピリしてるし、
    愛想がいいのはなにかある!なんて
    学習したから、なんだか気が休まらない。
    鞄をしっかり抱きかかえてしばしの睡眠・・・。

    それにしても運転荒いな・・・。
    山道だし、車中で本を読める僕でも
    少しばかり気分が悪い。
    街に戻るにつれ、
    浅黒婦人の様子がおかしい。
    だいぶ車内の人が減った当りで、
    おもむろに旦那が婦人を窓際にやる。
    どうもリバースタイムのようでした(笑)
    ビニール袋にたまっていく音。
    僕はあんまり気にしないけど
    嫌な人には苦痛だろうな(笑)
    ひとしきりの出し物も終わり、
    浅黒婦人も落ち着いた様子。
    そしたらおもむろに窓を開けました。
    「え!?もしや!え!?」と
    思っていたら窓からその
    括ったタポタポ袋を
    投げました。もう十分街中で
    周りには車も通っているのに!!!
    あれには驚いたな。。。

    ツバを道に吐く習慣があるのは
    1日目ですでに気がついたけど、
    まさか・・・!?と驚きました。

    僕はリバースタイムのときは
    なるべく距離をとろうと
    窓際によったのですが、
    その時に観光本を窓と椅子の間に
    落としてしまいます。
    そして持ち上げてみると・・・。

    ・・・・・。
    という訳で観光本とは
    ここでお別れしました。
    さらば北京(の本)。
    万里の長城ありがとう。

    その4に続く・・・。

    [PR]

    by bonobos3 | 2010-04-12 04:33 | Comments(5)

    中国旅行記その2

    先日つぶやきましたが、
    4/10(土)浜松酒造天神蔵で開催される
    「2010年宇宙温泉の旅」に当日券が出ます!
    詳しくはオフィシャルHPを見てみてください。
    ラジオでやってたあのコーナーが生で見られますよ!ぜし!

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    つうわけで2日目は大連から北京へ飛行機移動。
    中国は広いなー。「旅の歩き方」の地図で見たら
    人差し指の先から第二関節くらいまでなのに〜ぃ。
    飛行機で1時間半だったら羽田〜札幌くらいか!

    とりあえずチェキンしよう!いうことで、
    空港から地下鉄乗り継ぎ、ホテルに向かいました。
    目的地のひとつでもあった「万里の長城」に
    アクセスが良いほうがいいということで
    利用する駅である「北京北駅」から
    近いホテルをweb地図上で選んだのが・・・

    Zhongtang Desheng Courtyard Hotel

    e0143271_19483186.jpg
    e0143271_19544371.jpg
    e0143271_19483969.jpg

    良くwebサイトを読まずに行ったのですが
    写真の通りとても素敵な平屋のホテル!
    しかもお安うございました。
    午前10時半くらいにホテルについたのに
    チェキンさせてくれました。
    しかも受付嬢は日本(しかも香川県)で
    仕事してたことがあるらしく、
    少し言葉が通じました!ありがたいっ!

    荷物をおいたらとりあえず
    北京の街の世界遺産に触れようと
    「故宮博物院」へ。

    e0143271_1955134.jpg
    e0143271_19552131.jpg
    e0143271_19552915.jpg
    e0143271_19553793.jpg

    とにかく広かった。
    これが紫禁城か・・・。
    あそこで暮らしたら
    外に出なくってもいいな・・・。
    休日のせいか人もたくさんいましたよ。

    これは向かいにある景山公園から撮影。でかい!

    e0143271_19512099.jpg


    そのあとは故宮博物院の南にある「天壇」を
    見に行こうと、故宮の東側から外に出たら
    自動三輪車がいっぱい止まってます。
    なんだか気さくなおじさん。手招きします。
    「至〜」と指差し「多少钱?」と聞くも「OKOK」。
    「How Mach?」といっても英語が分からない様子。
    まあ、タクシーで行っても30元しないだろうし、
    とりあえず行ってみようか〜と乗り込みました。

    それにしても運転が荒い荒い!!
    大きな交差点でも平気で信号無視で、
    振り落とされそうになります。
    でも旅だし楽しいよね〜。
    屋根も手すりもないから街の風景もよく見れます。
    信号待ちで振り向いて「Where are you from?」と英語。
    何だおじさん英語通じるんじゃんかー。
    鼻毛めっちゃ伸びとるけどこの仕事じゃ伸びるの早いよね!
    なんて思いながら「リーベンリーベン!」と僕。
    ジェットコースターよりスリリングな乗り物に乗って
    楽しくドライブ。

    んでも、着いてから料金表を見せられて
    愕然。300元だ!と吹っかけて来ました。
    小さなプレートを見せて。いやそれはない!と僕。
    「他の外国人だったら倍の値段だぞ」と
    他の言語で書かれたプレート(値段は600元でした)を
    見せられて強気発言倍増。
    安くしろ!ともめてたら、
    知らない浅黒い人がよって来て
    「なにかトラブルか?」的な。
    知らない場所だし囲まれたら嫌だな・・・と
    とりあえずお金(それでも200元)を
    払って離れました。あ〜悔しい。
    少し離れてから、もしかしたらその人は
    助けに来てくれてたのかもしれない・・・
    なのにその人まで疑ってしまった・・・と思い、
    もっと訴えれば良かったと悔しさ倍増・・・。
    しかも200元てけっこうな額だぞ!?
    タクシーの10倍か!?あ〜悔しい。
    人の良さそうな人はホントにダメです。
    あ〜悔しい。

    コイツです。あ〜悔しい。

    e0143271_2019237.jpg


    気を取り直して「天壇」です。

    e0143271_2024580.jpg

    ここは大阪城公園みたいなかんじで
    中国の人がめいめいに楽しんでおりました。
    いわゆる観光名所だけど、ここも中国の人多かったなー。

    水でコンクリートに字を書くおじいさん

    e0143271_2025880.jpg

    踊りを踊る人たち

    e0143271_20262851.jpg

    そのサウンドシステム(笑)。爆音過ぎて音割れてました。

    e0143271_20263930.jpg


    そこを出ても、他の所へ言っても
    ホントに良く声をかけられる。
    「不要っ!!!」ってきつくいっても
    ずーっと着いて来ます。
    だからなかなかどこも
    ゆっくり見れなかったな・・・。
    他の国からきた観光客は
    どう思っているかわからないけど、
    そんなにしつこいと、
    この国にもう来たくなくなるよ・・・と思います。
    そしたら自分の生活も危うくなるだろうに・・・。
    そこまで考えないのかなーと思った一日でした。
    街から見る夕陽は素敵でしたが・・・。

    e0143271_2039349.jpg

    [PR]

    by bonobos3 | 2010-04-06 20:45 | Comments(0)



    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30

    以前の記事

    ファン

    記事ランキング

    ブログジャンル

    画像一覧

    Excite musicの連載ブログ

    ◆連載ブログの
    バックナンバーはコチラ

    おことわり
    コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。